【アラスカ本店オリジナル 鱧とステーキのコース】

【アラスカ本店オリジナル オマール海老コース】

エボリューション
- Évolution -

前菜
Entrée
Jambon et aubergine comme bonbon
茄子と生ハムのボンボン仕立て
メロンのガスパチョ

温前菜
Entrée chaude
Poelee de foie gras avec pamplemousse
フォアグラのポアレ
ルビーグレープフルーツのミアメール

スープ
Potage
Cremè de vishyssoise
蕪のポタージュスープ

魚料理
Poisson
Bar griller avec tarte de tamate et camembert
寒ブリのポワレ
バルサミコトマトソース

肉料理
viande
Mijoter de veau à la Nicoise
牛タンのカツレツ デミグラスソースと野菜のソース

デザート
Dessert
Dessert de mangue avec
完熟マンゴーのデザート

Pain
パン

Café ou thé
珈琲、または 紅茶

- ¥8,000 -


追加でいかがでしょうか?
───────────────────
Curry de bæuf à la ALASKA
アラスカ伝統 締めの一口カレー (+¥800)


メイン料理の変更が出来ます
───────────────────
Faux-filet de bæuf grille sur des charbons
和牛サーロイン のグリル (+¥5,000)

Filet de bæuf grille sur des charbons
和牛フィレのグリル (+¥5,000)

Filet de bæuf d’ châteaubriant griller
シャトーブリアン (+¥8,000)



アラスカ
- ALASKA -

前菜
Entrée
Fumè de saumon comme salade
スモークサーモンのサラダ仕立て

温前菜
Entrée chaude
Escargots a lá ALASKA
エスカルゴ アラスカ風

スープ
Potage
Cremè de vishyssoise
蕪のポタージュスープ

魚料理
Poisson
Sole braiser
舌平目のブレゼ

メイン料理
Plat principal
Ragout de joue boeuf au vin rouge
牛頬肉の赤ワイン煮込み

デザート
Dessert
Crêpe suzette de figue
洋梨のクレープシュゼット

Pain
パン

Café ou thé
珈琲、または 紅茶

- ¥10,000 -


追加でいかがでしょうか?
───────────────────
Curry de bæuf à la ALASKA
アラスカ伝統 締めの一口カレー (+¥800)


メイン料理の変更が出来ます
───────────────────
Faux-filet de bæuf grille sur des charbons
和牛サーロイン のグリル (+¥5,000)

Filet de bæuf grille sur des charbons
和牛フィレのグリル (+¥5,000)

Filet de bæuf d’ châteaubriant griller
シャトーブリアン (+¥8,000)



お客様のご要望にあわせて
- Others -

お客様のご要望、ご予算にあわせてプランをご用意致します。



ア・ラ・カルト
- à la carte -


グランシェフ 本日のおすすめ
- Sugestion de Grande Chef -



冷前菜
- Entrée froid -



温前菜
- Entrée chaud -



スープ
- Potage -



お魚料理
- Fruits de mer -



お肉料理
- Viende -



炭焼き フィレステーキ
- Filet de bæuf grelle -



サイドメニュー
- Menu Side -



※コース内容・アラカルトは随時変更しておりますので、ご利用の際はご予約時にご確認下さい。
※すべて税別の金額となっております。
※上記価格に別途サービス料(10%)を頂戴しております。
※貸切営業日もございますので、お電話にてご確認下さいませ。

▷ イベント一覧・関連サイト ◁

  • 各店舗のご案内
  • クラブハウス東京
  • 大阪レストランウエディング
  • 楽天市場
  • メディクッキング
  • なぜエグゼクティブは、アラスカに集まるのか? (幻冬舎・刊)
  • ALASKA Presents 松山修平の世界